北山早苗・議員活動

今日の私の行動記録です
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
2008,5/8〜5/14
5/8
松本合庁講堂で開かれた、シニア大学の入学式に行きました。勉強熱心な先輩たちが大勢いるのには、驚きました。

5/9
5/7の活動報告に書いた、徒労に終わった『長野県市民活動応援基金』の代わりに、使わなくなっていた貯金通帳に、県議報酬増額分の1年分30万円をつんできました。毎年この通帳に積んでおいて、議員を辞めた時に、貯まった分を福祉施設などに寄付したいと思います。これでひとまず、悩ましいお金から解放されました。や〜れやれ。。。
夜は、早苗事務所の学習会の日、『供託もできない、基金もできない、やむ終えず貯金通帳に、、、の顛末』を報告しました。そのあと、地球温暖化のビデオを皆で見ました。

5/10
松本市PTAの総会があり、出席しました。とても熱心な集まりに、感心。「地球環境の悪化、少子高齢、格差などの問題を考えたとき、子どもたちの未来が心配。ドイツの環境や子ども支援などと比べてしまう。うらやましがっていても仕方ないので、皆さんが学校や地域で頑張ってくださっているので、私たちは、子どもたちの未来のために頑張りたい」と挨拶をしました。懇親会のとき、ドイツの政策などについて、話しかけてくださった方もいました。

5/11
窪田空穂記念館の茶会に招待されました。濃い茶は3人で回しのみなので、初めていただいた去年は驚きました。回しのみは、「敵味方の間も、茶の席では違うということ」の証なのだそうです。そうしたら、何と今年は、有賀元松本市長と回しのみでした。有賀さんは、何かと気を使ってくれ「良いおじさん」でした。

午後は、田中優さんの後援会が市民芸術館の小ホールでありました。地球温暖化防止で、仕組みを創れば、生活レベルをそれほど落とさずに、CO2削減は可能という話は、具体的で大変興味深いものでした。
田中優

5/12
心に障がいをお持ちの方を支援している、NPOてくてくにお邪魔しました。

5/13
松本市へ転入手続き。

5/14
朝からパソコンに不具合が生じ、ばたばた。予定がくるいました。
午後は、ご近所や町会長に転入の報告とご挨拶。
- | 23:21 | - | -
スポンサーサイト
- | 23:21 | - | -